【人気記事】"絶対に挫折しないギターの始め方"シリーズ

全てのキーの3コード進行をギターで一瞬で弾く方法【パワーコード編】

ギター 3コード パワーコード

「Bbの3コード」と言われてもギターでパッと弾けない人


「3コード進行がギターでパッと弾けるようになりたい。

どうやって覚えたらイイのかわからない。

BbとかEbとかの難しいキーだとさっぱりわかんない」

 

 

こういう疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 全てのキーの3コード進行をギターで一瞬で弾く方法【パワーコード編】
  • 3コード進行のルートの動きを視覚的に覚える【図形で記憶】

 

この記事を書いている僕は、ギター(音楽)歴30年ほど。

ギターレッスンでは約60名の生徒さんに、効率的にギターコードを覚えるコツを指導しています。

 

3コードと言われても12キー全部覚えるのは大変なんですが…

ギター指板上でのルートの動きの規則性を覚えましょう

 

 

今回の記事では、ギターで全てのキーで3コード進行を弾く方法を説明します。

 

3コード進行とは

 

ダイアトニックコードのⅠ、Ⅳ、Ⅴの3つのコードを使ったコード進行

 

あらゆるコード進行の元になる超大切なコード進行です

 

例えば、キーCだと

| C         | F            |G             |C              ||

のようなコード進行のことです。

 

3コードについては

3コードでコード進行理論の基礎を5分でマスター!【初心者OK】

【コード進行】この世の全ての曲は3コードで弾ける!【音楽理論】

の記事を参考にしてもらえればと思います。

3コードでコード進行理論の基礎を5分でマスター!【初心者OK】 【コード進行】この世の全ての曲は3コードで弾ける!【音楽理論】

 

アコギでローコードを使って3コードを弾く方法は、アコギで3コード進行を弾きまくれ!【初心者でも簡単に弾ける】の記事を参考にしてください。

アコギで3コード進行を弾きまくれ!【初心者でも簡単に弾ける】

 

今回の記事では、パワーコードを使って

全てのキーで3コードを弾く方法を解説します。

 

 

※この記事は2分ほどで読み終わります

全てのキーの3コード進行をギターで一瞬で弾く方法【パワーコード編】

全てのキーの3コード進行をギターで一瞬で弾く方法【パワーコード編】

 

結論からいうと

ギター指板上でルートの動きを図形で覚えてしまう

と簡単です。

 

代表的な3コード進行

 

今回使うのは、3コードの代表的な進行

| Ⅰ     | Ⅳ     |Ⅴ     | Ⅰ       ||

1451進行(イチヨンゴーイチ)を使います。

 

キーGの場合は

|G       |C       |D        |G         ||

 

キーDの場合は

|D     |G      |A        |D           ||

ですね。

 

memo
Ⅴは、セブンスコードのⅤ7として使うことも多いです。今回は普通にⅤとして説明します。

 

キーGの1451進行をパワーコードで弾く

 

では、キーGの1451進行をパワーコードで弾いてみましょう。

 

6弦ルート、5弦ルートのパワーコードフォームは下記のとおり。

それぞれのフォームは、人差し指の音がルートになります。

 

なので、キーGの1451進行をパワーコードで弾くと下図のようになります。

 

3コード ギター パワーコード

3コード ギター パワーコード

 

このコード進行のトニック=G

・6弦3Fから始めるパターン

・5弦10Fから始めるパターン

で2つのポジションが考えられます。

 

ギター指板の6弦5弦の音については

【完全保存版】ギター指板の6弦の音を圧倒的スピードで覚える方法

【完全保存版】ギター指板の5弦の音を圧倒的スピードで覚える方法

の記事を参考にしてください。

6弦5弦の音を覚えておくだけで、今後のコード知識の習得が何十倍も楽になります。

3コード進行のルートの動きを視覚的に覚える!【図形で記憶】

3コード進行のルートの動きを視覚的に覚える!【図形で記憶】

3コード進行は三角形でルートが動く!

 

では、先ほどの

|G         |C          |D           |G          ||

 

この3コード進行のパワーコードが

ギター指板上でどういう動きになっているのか詳しくみてきましょう。

 

Gを6弦3Fから弾き始めた場合

 

G → C → D → G のルートの動きは下記のとおり。

ギター 3コード 初心者

三角形の動きになってますね。

この動き方を覚えましょう。

 

Gを5弦10Fから弾き始めた場合

 

3コード ギター 初心者

こちらも三角形の動きになってます。

簡単ですね。

 

3コードのルートの動きをローマ数字で一般化!

 

さて、このルートの動きから言えることは

どのフレットから始めても、同じ形で動けば3コード進行が弾ける

ということです。

 

先ほどの指板図をローマ数字で一般化すると下記のとおり。

★6弦(トニック)から始めた場合=パターン1

 

★5弦(トニック)から始めた場合=パターン2

 

これを動きを覚えてしまって他のポジションに応用すれば

何も考えなくても自動的にどのキーでも3コードが弾けます

 

例えば

Bbの3コードが弾きたい場合は

6弦6F(Bb)をⅠとしてポジション移動していけばいいわけですね。

 

エクササイズ

①C、F、G、A、E、D

②Bb、Eb、Ab、F#

①②それぞれのキーの3コード進行を弾きましょう

まとめ

  • 3コード進行は3つのコードが指板上で規則的に動きます
  • 6弦、5弦それぞれから始まる三角形の動きを覚えましょう
  • 全てのキーで練習すれば「なんだ、簡単じゃん」となりますよ

 

ということで今回は以上となります。

 

3コードはコード進行の基本の基本ですので

これをマスターすることで様々な楽曲を弾くのが楽になります。

パズルを解くように楽しみながらマスターしましょう♪