【人気記事】"絶対に挫折しないギターの始め方"シリーズ

【プロも使う】たった1つのコード進行で無限に作曲!【初心者OK】

6415進行 コード進行 作曲 音楽理論

「作曲するときに簡単でかっこいいコード進行が知りたい。洋楽っぽい感じに仕上げたい。初心者でもすぐに作曲ができるコード進行はありますか?」

 

こういう疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • たった一つのコード進行で無限に作曲する方法【結論】
  • 4ー1ー5ー6進行【超おすすめ】

この記事を書いている僕は、アーティスト、作曲家、アレンジャーとして様々な実績があります。その経験をもとに「シンプルだけど絶対使えるコード進行」を分かりやすく説明します。

 

聞きやすくて、売れてる曲のコード進行って何か法則があるんですか?

あります。

 

その法則を覚えて、自分の曲でもどんどん使っていきましょう♪

たった一つのコード進行から無限に作曲できるようになります。

では実際に見ていきましょう!

 

※この記事は3分ほどで読み終わります

たった1つのコード進行で無限に作曲する方法

結論から書きますと、6415進行を使います。

6415って何?

6415(ロクヨンイチゴー)とはダイアトニックコードでの度数表記になります。

理論的な話は置いといて…具体的なコード進行は、このようになります。

 

キーC(Am)の場合

| Am      F        | C       G        |

実際にギターで弾いてみましょう。どうですか?どこかで聞いたことがあるようなイイ感じのコード進行ですね。

このコード進行に簡単なメロディを載せてみましょう♪

作曲に使えるコード進行 初心者 簡単王道パターン 

ラーシードーー ドーレーミーレーと非常にシンプルなメロディですが、雰囲気出てますね。

切なく、でも力強く、前向きに歩き出す感じとか、様々な情景が浮かびます。

アコギでストロークを弾きながら、思いつくままにメロディを歌ってみましょう♪

アコギ作曲ではまずAmとEmから

アコギでこの6415進行を使って作曲する場合は、AmとEmの2つの簡単なキーを使いましょう

簡単なキーを弾くことで、メロディが頭に自然に浮かぶ、という「作曲脳」の状態にすることができます。

難しいキーだと弾くだけでストレスですからね。リラックスした状態で楽しくメロディを歌っていきましょう♪

★Amから始まる6415進行

| Am     F      |C      G        |

 

★Emから始まる6415進行

| Em     C      |G      D        |

テンポ80前後、ストロークはシンプルに各コード2回ダウンストロークで。慣れたら16ビートストロークでも良いです。

EDMや4つ打ちの曲にしたい場合は、テンポを128前後に上げて1小節ずつにコードチェンジするのもありです。

★キーAm

|Am    |F       |C        |G        |

 

★キーEm

|Em    |C       |G        |D        |

自分のキーと合わないときはカポを使う

歌っていて自分の声の音域と合わないとき、もっとメロディ全体を上げたい or 下げたいときカポ(カポタスト)を使います。

AmかEmかどちらかのコード進行をカポで調整すれば、全てのキーに対応できますよ♪アコギ弾き、アコギで作曲をするシンガソングライターの方はカポは必ず持っておきましょう。

ライブの場合は、付け外しが簡単なバネタイプがオススメです。

うちの教室でも採用している Phoenix フェニックスのワンタッチギターカポ は、手頃な値段ですがカポとしては十分使えます。

↓ ↓ ↓  300名以上の生徒さんが購入した僕が最もおすすめするワンタッチカポです↓ ↓ ↓ 

 

レコーディングのときなどで、より精度が高く、頻繁に付け外しをしない場合は、SHUBB(シャブ)C1がおすすめ。

ネジで「カポの押さえる強さ」を調整することができるので、アコギやエレキでも弦のテンションに合ったチューニングの狂いにくい強さでカポをすることができます。

↓ ↓ ↓ プロもレコーディングで御用達の僕が最もおすすめする定番のカポです↓ ↓ ↓ 

6415進行を使った楽曲の参考例

はっきりいって星の数ほどあります。それだけこのコード進行が耳心地の良い、かっこいい曲になるという証拠です。

ほんの一部ですが紹介します。

Avicii「Wake Me Up」

言わずと知れたEDM系の超人気アーティストAvicii

この曲では2カポでキーAmの6415進行を使っています。しかもほぼラストまでずーっとこのコード進行の繰り返しです。

★Joan Osborne「One Of Us」

1995年に発表されグラミー賞を総なめしたジョン・オズボーンの名曲です。サビのメロディを弾く冒頭のギターフレーズから「この曲は絶対に良い曲だ!」と確信できるものになってますね。

2カポでキーEmでの6415進行(本来のコードでいうと F#mーDーAーEです)になってます。

この楽曲が収録されたアルバム「Relish」は捨て曲なしの名アルバムなのでオススメです。

★華原朋美「華」

手前味噌ですが、僕も実際につかってますよという証拠です。

僕の作曲した楽曲、華原朋美さんの「華」のサビもこの6415進行の繰り返しになっています。マイナーキーのトニックで始まるので「グッとくる感じ」が作りやすく、僕自身も得意のパターンになってます。

サウンドハウス

4−1−5ー6進行【超おすすめ】

冒頭で「たった一つのコード進行から無限に曲が作れる」と書きました。6415進行から生まれた超ポップなコード進行を見ていきましょう♪

順番そのままで始まるコードを変えるだけ

6415 6415 6415、、、、

4から始めたら 4156 になりますね。

これも様々な曲で使われている超王道ポップコード進行です!

★キーCの場合

| F     C       | G      Am       |

 

★キーGの場合

| C     G       | D      Em       |

どんなイメージでしょうか?

6415進行と比べて、ちょっとキュンとする感じが強くなった気がします。過ぎ去った時間を思い出して切なくなるような、恋愛を歌ったバラードにはピッタリ合いますね

大ヒットJ-POPでの使われ方

では実際のヒット曲の中での使われ方を見ていきましょう♪

★米津玄師「Lemon」

米津玄師の「Lemon」2018年J-POPのスーパーヒット曲ですね。

この曲のサビでは、4カポでキーGの4156進行が使われています(オリジナルは EーBーF#ーG#m)。このコード進行そのまま繰り返すのではなく、毎回少しづつ変化をつけるというJ-POPらしい手法が使われています。そのまま繰り返せば洋楽らしい雰囲気になります(楽曲の方向性コントロール)。

★椎名林檎「ギブス」

もはや懐かしい感じになってますが、椎名林檎の「ギブス」こちらも超名曲ですね。しかもキーGという、まさにギターでかき鳴らすためのキーになってます(もちろんそれを意識してのアレンジ)。

★Trine Rein「Just Missed The Train」

Trine ReinのJust Missed The Trainです。こちらもさらに古いですが名曲ですね♪

「ギブス」とキーが同じでGです。

同じキーで女性キーとなると楽曲の雰囲気が似てくるのは仕方ないですが、既存の曲を参考にして、自分のオリジナル曲を作るという練習もできますね。

まとめ

  • まずはAmかEmの6415進行を使ってみる
  • よりバラードっぽくしたいときは4156進行にする
  • 繰り返して使えば洋楽っぽい雰囲気の曲になる

ということで今回は以上となります。

まとめの3番目にも書きましたが、今回はかなり洋楽っぽいアプローチの方法になります。スタイリッシュで古くさくならない楽曲にしたいときは、どんどん使っていきましょう♪同じコード進行を使ったとしても、書けば書くほどオリジナリティの溢れた曲になります。

楽しんで作曲していってくださいね♪

ギター教室の無料体験レッスンに行こう!

ギターレッスン ギター教室 体験レッスン

ギターの習得の1番の早道は、レッスンでプロの講師に習うことです。

今は、Youtubeやオンラインレッスンなどもありますが、実際に目の前でマンツーマンで受けるプライベートレッスンの方が圧倒的にコスパが良いです。

・初心者の方は、基礎を学ぶために最初の半年、1年

・中級者以降の方でも、自分が弾けるようになりたいプレイスタイルや難しいテクニック

これらをプロのギター講師に直接指導してもらうことで、効率よく最短で上達することができます。

 

シアミュージックスクールは全国に校舎がある大手の音楽教室ですので、講師のレベルも高く、お近くの教室に安心して通うことができます。

まずは、30分の無料体験レッスンに行って、実際のギターレッスンがどういうものか体験してみましょう♪