【人気記事】"絶対に挫折しないギターの始め方"シリーズ

【ギター】バレーコードの押さえ方1【バレーコードの仕組みを解説!】

ギター バレーコード 押さえ方

ギターでバレーコードが覚えられない人


「ギターでバレーコードが覚えられない…

どういう仕組みになっているのかわからない。

バレーコードを効率よく覚える方法はありますか?」

 

こういう疑問に答えます。

本記事の内容

  • 【ギター】バレーコードの押さえ方①【バレーコードの仕組みを解説!】
  • 6弦ルートのバレーコードを完全理解する【超重要】
  • 6弦ルートのメジャーコードをガンガン弾こう!【ギターバレーコード練習】

この記事を書いている僕は、ギター(音楽)歴30年ほど。

ギターレッスンでは現在約60名の生徒さんに、効率良くコードを覚える方法を指導しています。

 

バレーコードを覚えれば

ギターの全コードフォームの80%以上を弾けることになります

 

Abm7、F#dim、DbM7、Bb7、C#9(13)、GbmM7、、、、、

上記のコードがすでにパッと弾ける方は、この記事を読む必要はありません。

 

はじにゃん

無理っす、、、もう見ただけで吐き気がするわ〜〜

ゆっきー

だよね 笑。今回の記事を読むと # や♭ が付いたコードなんかも全然平気に弾けるようになるよ!

 

これまで、CやG、Am、Fなどのローコードしか弾いてこなかった方も、今回の記事を読めば #や♭の付いた難しそうなコードも一瞬で弾けるようになります。

 

 

※この記事は2分ほどで読み終わります

【ギター】バレーコードの押さえ方①【バレーコードの仕組みを解説!】

【ギター】バレーコードの押さえ方①【まだコードブック見てるの?】

バレーコードって何?

 

バレーコードというのは

人差し指で 全弦 または 複数の弦を押さえるコードフォーム

です。

 

一番最初に覚えるバレーコードは F ですよね。

Fをまだちゃんと覚えていない、押さえ方がわからない、という方は【最終兵器】これでFコードが鳴らないなら諦めろ【ギター初心者】の記事を参考にしてください。

ギター F 押さえ方 簡単【ギター初心者】Fコードを簡単に攻略する”最後の”方法【アコギ弾き語り】

 

ギターの6弦の音を覚えよう

 

今回の記事では

ギターの6弦の音の並び

が非常に重要になってきます。

 

6弦の音? 開放弦はEだけど…どう並んでるのかハッキリわかんないな

 

という方は、先に【完全保存版】ギター指板の6弦の音を圧倒的スピードで覚える方法

を見てもらえるとより理解しやすいと思います。

 
 

6弦ルートのバレーコードを完全理解する【超重要】

6弦ルートのバレーコードを完全理解する【超重要】

僕のこれまでのギター人生において、最も重要だったのは

バレーコードの仕組みを覚えたこと

でした。

そこからギターの世界が広がりまくったのは言うまでもありません。

 

ギターの最大の特徴(ピアノとの違い)

 

まず、最初にギターという楽器そのものの

音楽的な構造に着目します。

 

ギターの最大の特徴とは何か?というと

 

平行移動すれば何でも弾ける

 

ということなんですね。

これはもう、ギターを弾く限りは一生ついてくる事実なので、イマ胸に刻みつけてください。

 

コードフォームだろうがスケールだろうが何だろうが

その形のまま平行移動すれば

違うコード、違うスケールがあっという間に弾けます。

 

超カンタン、楽チン♪

ピアノとの違いはソコなんですよね。

 

Fコードを横にズラしていこう!

 

さて、では

コードフォームを平行移動する、ってどういうことか考えてみましょう。

 

そのままのコードフォームの形を保ったまま横にズラす

ということです。

 

Fコードで試してみましょう。

ギター バレーコード 押さえ方

とっても簡単ですね。

なんなら、Fよりも押さえやすいかもしれません。

 

さて、ではこの、ズラしてできたコードは何なのか?というと

Fをそのまま半音上にズラしたので F# というコード

になります。

 

はじにゃん

おおお!!超かんたんじゃん!

ゆっきー

でしよ!ギターでそのままズラすってのは、こういうことなんだよね

はじにゃん

上のフレットにズラしたってことは、音程が上がったってこと?なんか音高くなってるような…

ゆっきー

その通り!これはカラオケでキーを上げたのと全く同じことだよ。+1ってことだね。

はじにゃん

そっか!わかりやすい!ギターって結構単純だな〜

 

そうです、ギターって単純な楽器なんですよ。

そのままズラしていけば、永遠に音が上がっていきますね。

 

コードネームは6弦の音がルートになる

 

ズラして上げていけば、どんどん違うコードになる。

どういう規則になっているのでしょうか?

 

そこで重要になるのが6弦の音です。

 

Fコードは、6弦1フレットの音がF音ですね。

そして、このF音がルートになっています。

ギター バレーコード 押さえ方

 

なので、先ほどの

1フレット横(上に)ズレたコードネームが F# なのは

6弦の2フレットが F# だから

ということです。

 

つまり、

・Fのコードフォームをそのままズラすこと

 

・6弦の音がそのままコードネームになること

この2つの事実を知っていれば

6弦ルートの全てのメジャーコードは弾けてしまう

ということです。

 

なので、6弦の音を覚えておくことが超重要になります。

【完全保存版】ギター指板の6弦の音を圧倒的スピードで覚える方法

6弦ルートのメジャーコードをガンガン弾こう【ギターバレーコード練習】

6弦ルートのメジャーコードをガンガン弾こう【ギターバレーコード練習】

 

さあ、では実際に思いつくメジャーコードをガシガシ弾いていきましょう!

 

B♭を弾いてください

 

手順は

①6弦でB♭の音を探す

 

②B♭は6Fだとわかった

 

③6Fをバレーして、Fのコードフォームを押さえる

となります。

かんたんですね。

ギター バレーコード 押さえ方

 

C# を弾いてください

 

自分で考えてみてくださいね

正解はこちら

 

G♭を弾いてください

 

正解はこちら

 

Aを弾いてください

 

正解はこちら

 

はじにゃん

Aってさ、前にローコードで覚えたんだけど、それじゃいけないの?

ゆっきー

もちろんそれでもOKだよ!つまり、ローコードとバレーコード、2種類のAコードを弾けるってことだよね。アコギで弾き語りの場合は、わざわざバレーコード使わなくていいよね。

 

他にも、G、C、D、Eなど、ローコードで弾きたい場合はローコードを使えばいいわけです。

 

同じコードを複数のコードフォームで弾けるということは

状況に応じて使い分けることができる

ということです。

 

 

まとめ

  • ギターコードは「そのままズラす」ことで他のコードにすることができる
  • Fをそのままズラせば全てのメジャーコードが弾ける
  • 6弦の音がそのままコードネームになるので、6弦の音を覚えることが超重要

 

ということで今回は以上となります。

 

今回はギターという楽器の性質を利用して

バレーコードをズラしていく

という、バレーコードの基本の基本をマスターしたことになります。

そして、これを覚えたことで

バレーコードの応用技はここから無限に広がっていきます

 

まずは、今回の6弦ルートのメジャーコードをしっかりマスターして

応用技を身につけていきましょう♪