【人気記事】"絶対に挫折しないギターの始め方"シリーズ

【音楽理論】ダイアトニックコードという神の無双ツールを使う!

音楽理論 ダイアトニックコード

ダイアトニックコードがわからない人


「ダイアトニックコードって何ですか?何ができるんですか?覚えた方が良いのですか?」

 

 

こういう疑問に答えます。

本記事の内容

  • ダイアトニックコードという神の無双ツールを使う!①【音楽理論】
  • Cメジャースケールの7つのダイアトニックコード
  • ダイアトニックコードを覚えるメリット

この記事を書いている僕は、ギター(音楽)歴30年ほど。プロとして、アーティスト、作曲家、アレンジャーなど音楽制作の仕事を長年しています。

先日こういうツイートをしました。

 

ダイアトニックコードと呼ばれるものを知っていると

そのキーの時の音楽の全体像がつかみやすい

 

なので、ダイアトニックコードを覚えましょう!

ということですね。

 

ちょっと、何言ってるかわからないんですけど

はじめてくん

ですよね。

今回の記事では、ダイアトニックコードとは何なのか?

音楽理論の初心者の方でもわかるように、やさしく説明します。

覚えるメリットについてもお話ししますね。

※この記事は5分ほどで読み終わります

ダイアトニックコードという神の無双ツールを使う!①【音楽理論】

ダイアトニックコードという神の無双ツールを使う!①【音楽理論】

ダイアトニックコードとは?

 

音楽理論書などでは

ダイアトニックコードとは、あるスケール上にできる”コード群”である

と説明されることが多いですね。

 

そう言われても、なんのこっちゃ、という感じですが。

 

一般的なポップスの世界では

メジャースケール上にできる7つのコード

という理解で大丈夫です。

 

メジャースケール、というのは

いつも慣れ親しんでいる

ド レ ミ ファ ソ ラ シ 

のことですね。

 

Cメジャースケール上のダイアトニックコード

 

Cメジャースケールというのは

→ Cから始まるドレミファソラシ

つまり

→ C D E F G A B

7つの音の並びに付けられた名前です。

 

ピアノでいうと、白い鍵盤がCメジャースケールですね。

 

Cメジャースケール上のダイアトニックコードとは

・この7つの音のみを使って

 

・一定の規則のもとに組み合わせた和音

 

・3つなら3和音、4つなら4和音

 

・組み合わせの和音は、7つ

のことをいいます。

 

ふむふむ、ドレミファソラシを組み合わせて「7つのコード」ができあがるのね。どうやって組み合わせるの?

はじめてくん

ギターよりも、ピアノの鍵盤を見た方がわかりやすいので、ここからはピアノで説明しますね。

 

サイバーリンク PowerDVD 18

Cメジャースケールの7つのダイアトニックコード

Cメジャースケールの7つのダイアトニックコード

1つ飛ばしで3つ音を重ねる→コード(和音)

 

ゆっきー

コードって、そもそもどうやって出来てるか知ってる?
音をてきとうに、2つとか3つとか同時に鳴らすとコードなんでしょ?

はじめてくん

ゆっきー

そうなんだけど「てきとうに」ではなく「スケールの音を1つ飛ばしに3つ重ねる」とコードになるんだよ
じゃあ、ドレミファソラシドだったら、えーっと、、、ドミソ、ってこと?

はじめてくん

 

そうです。

ドミソ、つまり、CとEとGが同時に鳴ると”C”というコードになります。

Cダイアトニックコード

そして、このCコードが

Cメジャースケールの

1番目のダイアトニックコード(I /ローマ数字のイチ、トニック

になります。

 

チェック
「ダイアトニックコード」「1番目のダイアトニックコード」「Ⅰ」「トニック」などの音楽理論用語は、今後もちょこちょこ出てきますので、覚えてしまいましょう。バンドで作曲したり、仕事で音楽をしたい方は音楽でコミュニケーションを取るための「共通言語」になります。

 

7つのダイアトニックコード

ヘぇ〜、けっこうカンタンなんだね。じゃあ、次はレから1つ飛ばしで白鍵を押さえればいいから、、、レファラってことか。

はじめてくん

そのとおり!

Cダイアトニックコード

レファラでDmというコードになります。

Cメジャースケールの2番目のダイアトニックコードです。

 

このやり方で、残りの5つのダイアトニックコードも見つけられますね。

Cダイアトニック
Cダイアトニック
Cダイアトニック
Cダイアトニック
Cダイアトニック

 

まとめると

Cメジャースケールの7つのダイアトニックコードは

1番目(Ⅰ・トニック)が C

 

2番目(Ⅱm)が Dm

 

3番目(Ⅲm)が Em

 

4番目(Ⅳ)が F

 

5番目(Ⅴ)が G

 

6番目(Ⅵm)が Am

 

7番目(Ⅶdim)が Bdim

 

 

※ダイアトニックコードを表す場合、カッコ内のようにローマ数字にコードシンボルをつけて表す

ということですね。

なんか…ちょっと難しくにゃってきたな、、、コードの名前がメジャーだったり、mがついたり、dim??がついたり、、、ってのはなんなの?

はじめてくん

コードの名前、種類は

3つの音が、どういう音程間隔で並んでいるのか

 

によって名前、コードネームが変わってきます。

くわしくは、そのコードはメジャーかマイナーか?①【ギターコードネームの謎】の記事で説明してるので参考にしてください。

ギター コードネーム 音楽理論【ギター】コードネームの仕組みを知ろう!Part1【音楽理論】

ダイアトニックコードを覚えるメリット

ダイアトニックコードを覚えるメリット

ダイアトニックコードを覚えていると下記のようなメリットがあります。

・作曲がラク

 

・耳コピがラク

 

・ギター演奏がラク

 

作曲がラク

 

作曲するときに、コード進行から考える、というのは1番簡単な1つの方法です。

そのときに、てきとうにコードを選んでいくのではなく

ダイアトニックコードを使って、色々と並べてみる

と、うまくまとまった曲ができやすいです。

くわしくはコード進行のパターンなんて知らなくてもイイです【イメージ作曲法】の記事で解説しています。

作曲 コード進行 パターンコード進行のパターンなんて知らなくてもイイです【イメージ作曲法】

 

耳コピがラク

 

上記のダイアトニックコード作曲法はプロも使っている手法です。

ということは、逆手に取れば

世に出ている楽曲も、ダイアトニックコード中心で作られている曲が多い

ということですね。

キーさえ分かれば、7つのダイアトニックコードがわかるので

耳コピするときに、なんのコードを使っているか予想ができますね。

 

ギター演奏がラク

 

もちろんダイアトニックコードはギター演奏にも大いに利用できます。

ある曲を演奏するときに、その曲のキーを見たときに

・キーの音のポジション

 

・そのキーのメジャースケールのポジション

 

・そのキーのダイアトニックコードのコードフォーム

この3つのことをあらかじめ指板上で確認して、見えるようにしておくことで

スムーズに演奏することができ、余裕ができるので、アドリブや即興演奏にもつながります。

つまり

そのキーの時の音楽の全体像がつかめる

ということですね。

 

まとめ

  • ダイアトニックコードとは、メジャースケール上にできる7つのコードのこと
  • Cメジャースケールのダイアトニックコードは C  Dm  Em  F  G  Am  Bdim
  • キーがCの曲では、上記に7つのコードが主に使われる
  • 音楽の様々なことを理解するときに、とても重要になるので覚えましょう

 

ということで今回は以上となります。

ゆっきー

どう?意外と簡単だったでしょ?
そうだね〜。ピアノの白鍵盤のみだから、すぐわかったよ。ほかのキーのときも、1つ飛ばしで白鍵盤で押さえていけばいいんでしょ?らくしょ〜だにゃ!

はじめてくん

ゆっきー

それが、ほかのキーの時はそんなに話が簡単ではないんだよね。例えばGなら、Gから始まるメジャースケールが基準になるんだよ
なんだよ〜、じゃあ全部キーごとに覚え直さないといけにゃいのか〜?大変だよ〜〜、、、

はじめてくん

ゆっきー

今回キーCのダイアトニックコードでやったことを規則化してほかのキーにも適応すればすぐできるよ!

 

ということで、他のキーでのダイアトニックコードは【音楽理論】キーGのダイアトニックコードを見つける方法【ギター】で詳しく解説してますのでご覧ください。

ギター 音楽理論 ダイアトニックコード【音楽理論】キーGのダイアトニックコードを見つける方法【ギター】

今回のキーCのダイアトニックコードをしっかり理解して、覚えて、音楽ライフに役立てましょう♪