【人気記事】"絶対に挫折しないギターの始め方"シリーズ

キーFの曲をカポを使って簡単に弾く方法【アコギ弾き語り】

ギター キーF カポ

弾き語りでキーFの曲が上手く弾けない人


「キーFの曲を弾きたいんだけど、カポをどこに付ければいいか分からない。

オリジナル曲のキーがFになってしまって上手く弾けない。

カポを使ってキーFの曲を簡単に弾く方法を教えてください!」

 

こういう疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • キーFの曲をカポを使って簡単に弾く方法【アコギ弾き語り】
  • なぜカポを使うと違うキーで弾けるの?【ちょこっと理論】

この記事を書いている僕は、ギター(音楽)歴30年ほど。レッスンでは現在約60名の生徒さんを日々指導しています。

 

ギターを始めて1年以内の初心者の場合

カポなしでキーFの曲を弾くのは、かなり難しいです

そして、これも何年かギター経験を積むと分かることですが、キーFの曲は開放弦がほとんど使えないためアコギ弾き語りで、カポを使わずにそのままFで弾くメリットはほぼ無いと言えます。

逆に、カポを使うとなると、キーFの曲は

・5カポで、キーC

 

・3カポで、キーD

 

・1カポで、キーE

と、3種類もキーを選ぶことができる美味しいキーと言えます。

キーFの曲でのカポの使い方をマスターして、ガンガン簡単に弾ける方法を紹介します!

※この記事は3分ほどで読み終わります

キーFの曲をカポを使って簡単に弾く方法【アコギ弾き語り】

キーFの曲をカポを使って簡単に弾く方法【アコギ弾き語り】

キーFの曲を「5カポでC」で弾く!(レベル1)

キーFの曲を一番簡単なキーで弾きたいのなら

5カポでキーCで弾く

のが良いでしょう。

5カポ、というのは「カポを5フレットにつける」という意味です。

 

キーFのときに頻出するコード→キーCに変換すると下の表になります。

キーF キーC
F C
Gm Dm
Am Em
B♭ F
C7 G7
Dm Am
Em7(♭5) Bm7(♭5)
   
(その他のルートの変換)  
G♭ D♭
A♭ E♭
B F#
D♭ A♭
E♭ B♭

 

キーCで弾くことで、バレーコードはFのみになり、あとはお馴染みの弾きやすいコードになりますね。

その他のコードが出てきた場合も

ルートだけ表の通りに変換すればOKです。

 

キーCでのコードの押さえ方が不安な方は以下の記事も参考になると思います♪

キーFの曲を「3カポでD」で弾く!(レベル2)

「キーCの雰囲気」に飽きちゃった、という方は

3カポでキーDで弾く

ことに挑戦しましょう。

ちょっと雰囲気が違って、また面白いと思います。

 

変換表は下記のとおり。

キーF キーD
F D
Gm Em
Am F#m
B♭ G
C7 A7
Dm Bm
Em7(♭5) C#m7(♭5)
   
(その他のルートの変換)  
G♭ D#
A♭ F
B G#
D♭ A#
E♭ C

 

キーDにすることで、コードオブリガードもたくさん使えます。

雰囲気的には 少し洋楽度が増すという感じですね。

キーFの曲を「1カポでE」で弾く!(レベル3)

さて、これもキーFの曲を弾くときの選択肢に入れても良いと思います。

1カポでEで弾く

ですね。

 

キーEは、ブルースやカントリーでよく弾かれるギターならではのキーなので

洋楽っぽさが一番出るキーです

 

開放弦を使った独特なオープンコードもたくさん使えるので是非チャレンジしましょう。

 

変換表は下記のとおり。

キーF キーE
F E
Gm F#m
Am G#m
B♭ A
C7 B7
Dm C#m
Em7(♭5) D#m7(♭5)
   
(その他のルートの変換)  
G♭ F
A♭ G
B A#
D♭ C
E♭ D

 

キーEで使える美味しいオープンコード【アコギ弾き語り】綺麗に響くギターコード10選【使い方も解説】の記事も参考にしてみてください。

【アコギ弾き語り】綺麗に響くギターコード10選【使い方も解説】

なぜカポを使うと違うキーで弾けるの?【ちょこっと理論】

なぜカポを使うと違うキーで弾けるの?【ちょこっと理論】

では、そもそも、なぜカポを使うと違うキーで弾けるのでしょうか?

その理由をちょっとだけ説明しますね。

バレーコードの成り立ちから考えてみる

ギターのコードフォームの最大の特徴の一つは

コードフォームの形を”そのまま平行移動”したら違うコードになる

ということです。

バレーコードなどは、その特徴を最大限に利用したコードフォームですね。

関連記事 >>> バレーコードの押さえ方①

ギター バレーコード 押さえ方【ギター】バレーコードの押さえ方1【バレーコードの仕組みを解説!】

 

上の記事でも説明していますが

Fコードは、オープンEコードをそのまま1フレット分上に平行移動したフォーム

になっています。

開放弦を全部1フレット平行移動したので、人差し指のバレーになった、という考え方です。

で、さらに

①この人差し指バレーをカポに置き換えると

 

②人差し指バレーは使わなくていいから

 

EのコードフォームでFが押さえられるじゃん!

というのが、カポ移調(カポで違うキーにすること)の簡単な考え方です。

カポの使い方

キーFを5カポでCで弾ける理由

では、キーFはなぜ5カポでキーCに変換できるのでしょうか?

これも先ほどのE→Fの変換と全く同じで、コードフォームごと平行移動で説明できます。

逆の説明になりますが、Cコードをそのまま平行移動してFを作る、というのをやってみましょう。

①ローコードのCを小指、薬指、中指で押さえる

 

人差し指は0フレットをバレーしていると仮定する(実際には使ってません)

 

③5弦3フレット(今は小指)がCでルートなので、5弦でFを探す

 

④5弦8フレットがFなので、Cのコードフォームをそのまま平行移動して小指で8フレットを押さえる

 

⑤人差し指の0フレットバレーが5フレットバレーになっているはず

 

⑥5フレットのバレーをカポに置き換える

 

「5カポでCコードを押さえればFコード」の完成

下図のとおりです。

カポの使い方

同じ理由で「キーFを3カポでDフォームで弾く」という説明もできます。

詳しくはトライアドのコード転回形で説明します。

まとめ

  • キーFの曲を一番簡単に弾くには「5カポでC」で弾く
  • ギターは何のキーで弾くかによって様々なニュアンスを出せるので「キーを操れる」と良い
  • なので、カポは「楽をするためだけのもの」ではなく「出したい雰囲気を選ぶもの」と考えよう

ということで今回は以上となります。

初心者の方にとっては「難しいキーを簡単に弾くためのカポ」「キーを自分の声に合わせるためのカポ」ですが、カポを使ってキーを選べるようになると様々な表情、ニュアンスが出せるようになります。

それこそがギターの持つ最大の魅力です。

とっても奥深いカポ、どんどん使って慣れていきましょう♪