【人気記事】"絶対に挫折しないギターの始め方"シリーズ

【ギター】コードネームの仕組みを知ろう!Part2【音楽理論】

ギター コードネーム 音楽理論

コードネームの仕組み、意味を知りたい人
「コードネームってややこしくて苦手…。どういう仕組みになってんの?。仕組みを知って自分でもコードフォームを作りたい!音楽理論も少し知りたいなぁ…」

 

こういう疑問に答えます。

本記事は下の記事の続きです。

まだ見てない方は先に読んでいただくとより理解が深まります。

ギター コードネーム 音楽理論 【ギター】コードネームの仕組みを知ろう!Part1【音楽理論】

本記事の内容

  • 【ギター】コードネームの仕組みを知ろう!Part2【音楽理論】
  • コードネーム中に使われる英語とは?
  • 右上の (      ) は追加のテンション
  • 補足:/(スラッシュ)、オンコード(オンベース)の意味

この記事を書いている僕は、ギター(音楽)歴30年ほど。現在約60名(これまで約300名)の生徒さんのギターレッスンをしています。ギタリスト・アレンジャーとしてのプロ経験をもとに、実践に必要な音楽知識のみをわかりやすく説明します。

ここでも ルートは C で説明していきます。

では実際に見ていきましょう!

※この記事は3分ほどで読み終わります

【ギター】コードネームの仕組みを知ろう!Part2【音楽理論】

まずは前回のおさらいです。

下に書いているコードはメジャーですか、マイナーですか?

(1)A

(2)Fm9

(3)C13

(4)B♭mM7

(5)DM7

 

(1)メジャー(2)マイナー(3)メジャー(4)マイナー(5)メジャー

 

どうでしょうか?結構シンプルなルールですよね。

では、次を見ていきましょう♪

コードネーム中に使われる英語とは?

コードネーム中に使われる英語とは?

コードネームには4種類の英単語の省略形が入るものもあります。

どういう意味なのか?何度の音を加えるのか?順に見ていきましょう。

dim(ディミニッシュ)

ディミニッシュと読みます。

Cdim だったら「シーディミニッシュ」ですね。

コード構成音(コードトーン)は以下のようになります。

Cdim = R + m3 + ♭5 + 6

    ( C + E♭ + G♭ + A )

おどろおどろしい響きになるのが特徴です。m3 が入ってるからマイナー系コードなのかな?、と思いきや♭5が入ってます。

以前の記事で ”全てのコードはメジャーかマイナーに集約される” と書きました。

ですので Cdim ≒ Cm なのかな?と思う方もいるかもしれませんが…

Cdim ≒ B7 になります。

この辺りはまた機会があれば記事にします。

MEMO
Cdim は場合によっては Cdim7 と表記することもあります。これもまた、そのコードネームを表記する人の音楽観が反映されたものですが、どちらも全く同じ意味になります。Cdim = Cdim7 覚えておきましょう。

ギターでディミニッシュコードの押さえ方は下記の記事をみてくださいね♪

ディミニッシュコード ギター 押さえ方【ギター初心者】dim(ディミニッシュ)コードの簡単な押さえ方!

aug(オーギュメント)

次は、オーギュメント ですね。

コードの中の5度を半音上げてくださいね〜

という指定です。ですので、コードトーンは以下のようになります。

Caug = R + M3 + #5

    ( C + E + G# )

シンプルですね。aug の後に数字が付く場合がありますが、付く数字は 7のみです。

Caug7 = R + M3 + #5 + 7

    ( C + E + G# + B♭)

MEMO
7以外で aug に数字や表記が追加されることはありません。#5は ♭13という音と同じになるので、その他のコードトーンが追加される場合は下で説明するように (カッコ)を使って追加します

add(アド)

後ろに続く数字の度数の音を加えてくださいね〜

という指定ですが、、、

addの後には 9 しかつきません。なので add9(アドナインス)だけ覚えてればOKです。

Cadd9 = R + M3 + 5 + 9

    ( C + E + G + D )

ん、、、ということは、、、

C9 と Cadd9 は違うコードってことですね?

はい、その通りです。

こんがらがってきた方は下の記事に戻ってみてください。

ギター コードネーム 音楽理論【ギター】コードネームの仕組みを知ろう!Part1【音楽理論】

sus(サス)

ラストは sus です。suspended 保留してください、という意味です。

一番よく出てくるのは sus4(サスフォー)です。

コードトーンは以下の通り。

Csus4 = R + 4 + 5

   ( C + F + G )

3度が入らないコードが出てきました。3度が入らないコードネームには他に omit3 などもありますが、ほとんど使われないので sus4 を覚えていれば大丈夫です。

MEMO
sus2 という表記もごくたまにあります。この場合は R + 5 + 9 と覚えておくと良いでしょう。

右上の(  )は追加のテンション

右上の(  )は追加のテンション

さて、最後に(  )が付く場合を見ていきましょう。これもルールとしては簡単です。

入る数字は ♭5、#5、9、♭9、#9、11、#11、13、♭13 の9種類

これらの数字(度数)の音はテンションと呼ばれます。

R、3度、5度、7度はメインのコードトーンですが、テンションというのはさらに追加したコードトーン」という理解でOKです。様々な組み合わせがありますので、一部を書きますが、基本的には(  )の度数の音を加えるだけです。

Cm7(♭5)  = R + m3 + ♭5 + 7

        ( C + E♭ + G♭ + B♭)

Cm7(9,11) = R + m3 + 5 + 7 + 9 + 11

                     ( C + E♭ + G  + B♭+ D + F )

C7(#9,13)  = R + M3 + 5 + 7 + #9 + 13

                     ( C + E + G  + B♭+ #D + A )

など

注意
上記コードの中で Cm7(♭5)、後は CM7(#5)C7(♭5)などの♭5 か #5が表記される場合は注意が必要です。この場合は♭5や#5の音を加えるのではなく、コードトーンの中の5度を変化させます。

補足: /(スラッシュ)、オンコード(オンベース)の意味

ギターコードネーム 仕組み

ここまで理解できたら、もうコードネームに関してはカンペキ!どんなコードでも「わかる!理解できる!」ということが大切です。

最後に上図のようなコード表記を解説します。

ベース音(最低音)を指定

例えば C/G  または ConG(どちらもシーオンジーと読みます)これは

コードは C だけど、ベース音は G にしてくださいね〜

という指定です。

コード C ならばルートはCなので、例えばバンドのベーシストは普通は C音を弾きますね。ですが、楽曲の前後の流れやアレンジ上の響きで「ベースはG音にしたい」場合はこういうオンコード表記にします。

MEMO
ベース音に選ばれるのは”そのコードのコードトーン”だけではありません。C/B♭C/AC/F#など何でもOKです。ベース音を変えるだけで、不思議な雰囲気やテンションコードを表現できるので色々ためして遊びましょう!

とはいえ、ギターでこういうコードを弾くとき、パッと見でベース音だけ変化させるのは慣れないと難しいです。その場合は”ベースは無視してスラッシュの左側のコードのみ”弾きましょう。バンドではベースが弾いてくれるので問題ないし(笑)、アコギ弾き語りでもそこまで違和感はないでしょう。

まとめ

  • dim、aug、add、susも単にコードトーンが変化するだけ
  • (  )は追加のテンションで、音を加えれば良い
  • /(スラッシュ)はベース音の指定。ギターは無理して弾かなくても良い

ということで今回は以上となります。

コードの意味を理解することは、音楽全体を理解すること

ひいては、作曲やアレンジ、ギターの演奏にも大変役立つので、時間をかけてゆっくり覚えましょう!