【人気記事】"絶対に挫折しないギターの始め方"シリーズ

アコギ弾き語りが変わる!綺麗で美味しいオープンコード【キーC編】

弾き語りのコードが普通すぎてつまらない人


「一通りのローコードは覚えたんだけど、いつもそればっかりじゃつまらない。

初心者でもできるちょっとした技とか、キレイに聞こえるコードが知りたい!」

 

こういう疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • アコギ弾き語りが変わる!綺麗で美味しいオープンコード【キーC編】
  • キーCのカノン進行でトップノートG音ペダルを駆使する!

 

この記事を書いている僕は、ギター(音楽)歴30年ほど。

ギターレッスンでは現在60数名の生徒を教えています。

生徒さんの約6割の方が初心者でアコギ弾き語りをしたいということでギターを始めます。

 

先日こういうツイートをしました。

アコギ弾き語りで、ローコード CーG/BーAm7 というよくあるコード進行。
なんかつまんないな〜と思ったら
 
・3つのコード全部「1弦3F」を加えて、トップノートペダル にしてみましょう
 
結構新鮮な響きに感じるはず。
その後に Emー Fと続くのも同じくトップGペダル(FはFadd9になる)にしてみると

 

初心者の方でも1年も経つと、大抵のローコードを使った曲は弾けるようになります。

 

はじにゃん

でも、な〜んかいつも同じコードばっか弾いてて変化がないっていうか、、、飽きちゃうんだよね
同じローコードでもほんのちょっとの変化で、かなり違った雰囲気を作れるよ!

ゆっきー

 

今回は、アコギ弾き語りではよく使うキーCの曲のコード進行を題材に

ちょっとの工夫で、美味しくてキレイで、他の人と差がつけられるローコードの使い方をマスターしましょう♪

 

 

※この記事は3分ほどで読み終わります

 

アコギ弾き語りが変わる!綺麗で美味しいオープンコード【キーC編】

アコギ弾き語りで使えるキレイで美味しいオープンコード【キーC編】

キーCの時に主に使うコード【ダイアトニックコード】を確認しよう

 

キーCの時に出て来やすいコードたち

といえば、キーCのダイアトニックコードです。

下記の7つです(Ⅶのみ4和音)。

 

ダイアトニックコードの詳しい解説は【音楽理論】ダイアトニックコードという神の無双ツールを使う!も参考にしてください。

音楽理論 ダイアトニックコード【音楽理論】ダイアトニックコードという神の無双ツールを使う!

 

コードをちょっと変化させる隠し技!

 

コードを少し変化させるために簡単に使える技があります。

CやAmで1弦3Fを小指で押さえてコードの音の雰囲気を変えれます。

Cコード
Amコード

Cはコードネームそのまま。

AmはAm7になりますが、Amの代わりに使えます。

 

このコードフォームを使うことで

|C      |G      |Am      |〜

というコード進行で、1弦3FのG音をキープしたままコードチェンジができます。

こういう風にコード進行の中で特定の音をキープすることを

ペダルと言います。

この場合は、コードの中の一番高い音(トップノート)をペダルでキープしてるので

トップノートペダルといいます。

 

Cコード進行 キレイなコード

キーCのカノン進行でトップノートG音ペダルを駆使する!

キーCのカノン進行でトップノートG音ペダルを駆使する!

カノン進行とは?

 

カノン進行というのは、コード進行の定番の形に付けられた名前です。

クラシックの名曲「パッヘルベルのカノン」という曲のコード進行を元にしてます。

古くからJ-POPで定番のコード進行になっています。

 

キーCのカノン進行は下記のとおり。

 

||: C    G     |Am   E   |

 |F      C      |Dm    G    : ||

 

Cのカノン進行を実際に弾いてみよう!

 

まずは上記のカノン進行を今まで通りのローコードで弾いてみましょう。

通常のカノン進行を1小節ごとのコードチェンジにして8小節にしてます。

 

Cカノン進行 ギター 弾き語り

これだけでも結構いい感じですよね。

まずはこの進行をスムーズに弾けるように練習しましょう。

 

キーCのカノン進行をオシャレに弾いてみよう!

 

では、このカノン進行で使うコードをオシャレに変化させましょう。

それぞれのコードを1弦3FのG音をペダルノートにしてみると下記のようになります。

 

ギターコード Cカノン キレイなコード

 

トップノートをGに固定することで、かなりオシャレな雰囲気に変わりますね。

FはFadd9、DmはDm11になります。

 

Memo
ほとんどの曲でこのコードの置き換えができます。ただ、メロディとの兼ね合いでちょっと合わない場合もあります。Fadd9やDm11は少し気をつけて使いましょう。

まとめ

  • カノン進行を使った曲は山ほどあります
  • 毎回同じコード進行弾いてると飽きてくるし、他の人との差別化もできません
  • トップノートペダルを使ってオシャレな響きで弾き語りを楽しみましょう

 

ということで今回は以上となります。

弾き語りや歌伴奏でどんどん使ってみて、コードの変化を楽しんでくださいね♪