【人気記事】"絶対に挫折しないギターの始め方"シリーズ

【アコギ】Gコードの”本当の”押さえ方【初心者〜上級者必見】

ギター G 押さえ方

Gコードの本当の押さえ方…?


「Gコードっていろんな押さえ方があるけど、結局どれが正解なの?今の自分の押さえ方は間違っているのかな…。本当のところを教えてください!」

 

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • Gコードの”本当の”押さえ方【結論】
  • ”普通のGコードの押さえ方”の問題点
  • 指3本で押さえるGコードでもこれならOK
  • Gコードを4本指で押さえるべき最大の理由【純正律】

この記事を書いている僕は、ギター歴30年ほど。長年のライブやレコーディング、作曲といった観点から「Gコードはこう押さえるべき」という経験則を学んできました。

 

Gって…あの簡単なGでしょ?押さえ方によって違いとかあるの?

あります。

 

オープンGコードに関する正しい知識が身につけ、弾き語りやバンドサウンドの中で綺麗なGコードが鳴らせるようになりましょう♪

※この記事は3分ほどで読み終わります

↓↓ギター周りの小物(弦、ピック、カポ)はAmazonがおすすめです↓↓

Gコードの”本当の”押さえ方【結論】

最初に結論ですが、ギターで正しいオープンGコード(ローコード)はこう押さえます。

正しいGコード ギター

4本全ての指を使って押さえます。

通常は2弦は開放弦にする押さえ方が多いと思いますが、どうでしょうか。

なんとなくスッキリした感じに聞こえませんか?

なぜこう押さえるのが正しいのか、その理由をこれから説明していきます。

 

”普通のGコードの押さえ方”の問題点

一番良くない普通の押さえ方から見ていきましょう。

まずこの押さえ方です。

人中薬の3本指で押さえるフォーム

ギターGコード 良くない押さえ方悪い点

小指を余らせておいても、あまり使う場面がない

・グッと力が入りすぎてしまって、コードの音程が悪くなる

・いろんなコードへのコードチェンジが素早くできない

 

 

良い点

・小指を使わないので初心者でも押さえやすい


もちろん大前提として、Gコードとして間違いではありません。

ただ、良い点は上の1点のみでして、どうしてもこれ以外に押さえられない!という方以外にはオススメしません。演奏上のいろんなことに素早く対応できる押さえ方ではありません。

中薬小の3本指で押さえるフォーム

悪い点

・薬指、小指を同時に1弦6弦と開いて押さえるため、初心者には押さえるのが難しい

・押さえるのが難しいということは、力みやすいということなのでコードの音程が安定しない

 

良い点

・人差し指が自由に使えるので、Gsus4→Gとかコードチェンジしやすい

・よくセットで使うコードCとのチェンジがしやすい


上の理由により、ギター教室のレッスンや教則本などでは一番推奨されている押さえ方です。ただ初心者にとっては、ややハードル高めになります。

指3本で押さえるGコードでもこれならOK

ということで、指3本でGコードを押さえるなら、この押さえ方をオススメします。

良いGコードの押さえ方 ギター初心者

良い点

・薬指を使わないので、小指に余計な力が入らず、コードの音程が安定する

・薬指を2弦3Fを押さえれば、冒頭の”正しいGコード”が押さえられる

人差し指を移動すればGsus4を押さえたり、コードオブリガードを楽に入れることも可能(人差し指はコントロールしやすい)


現に僕自身、中学生の時からプロである現在にいたるまで、ずっとこの押さえ方をしてきました。

ライブやレコーディングで何千曲と弾いてきましたが、一度も困ったことはありません。

MEMO
レッスンなどで生徒さんに教える都合上、どの押さえ方が押さえやすいかは人それぞれなので、全ての押さえ方を使い分けたりしてます。メインはこの人中小指フォームですが、中薬小フォームも1割ほど併用します。

Gコードを4本指で押さえるべき最大の理由

本当のGコードの押さえ方 ギター初心者

では、冒頭の”正しいオープンGコード”を正しいと言える最大の理由はなんでしょうか?

音響的な知識も入ってくるのですができるだけわかりやすく説明しますね。

スッキリ聞こえる秘密とは?

一つの事実を覚えておきましょう

メジャー3度の音はコードの響きを汚くにごらせる

ということです。

Gコードのそれぞれの押さえ方でのコード構成音はどうなっているでしょうか。

★2弦が開放弦の場合(3本指フォーム)

6弦〜1弦のコード構成音は

R、M3、5、R、M3、R

M3が5弦と2弦で鳴っています。

★2弦3Fも押さえた場合(4本指フォーム)

6弦〜1弦のコード構成音は

R、M3、5、R、、R

M3が1つだけになり、しかも2弦は5度という安定した響きの音が鳴っています。これが4本指で押さえるGコードが正しく綺麗な響きになる理由です。

なぜメジャー3度はコードの響きを濁らせるのか

この辺りは少し専門的な知識になってきます。

純正律と平均律の違い、というのが大きなポイントになります。

オススメの音楽面白書籍

音楽は ”感情のある数学” です。

色んなスケールやコードの音の組み合わせ方は、数学的に美しい組み合わせで決められています。そして、その美しい数学的な組み合わせが予測不能なランダムな感情を生むんですね。

↓ブルーバックスシリーズはわかりやすく音楽と数学の秘密を教えてくれるのでおすすめです↓

じゃあGはいつも4本指フォームじゃないとダメなのか

そういうわけではありません。一人で弾き語りの時などは、どちらでも好きな方で良いと思います。

4本指フォームが一番効果を発揮するのはバンド演奏やレコーディングのオケなどのアンサンブルの時です。アンサンブル(和声学、対位法)においてメジャー3度の音が複数鳴ってしまうと全体のサウンドがにごる、というのは作曲やオーケストラ編曲を専攻する音大生ならば必ず知っている事実です。

とはいえ、ポップスのバンドや歪んだギターがガンガンに鳴るロックではあまり関係ないのでは?と思う方もいると思います。

プロの現場では、ライブPAやレコーディングなど本当に細かい調整をして綺麗に整ったサウンドをお客さんに届けなければいけませんし、音を出す演奏家も「メジャー3度はあまり鳴らさないように」気を配りながら演奏しています。

うん、よくわかるよ。でも僕はちょっと濁ったサウンドも心地よいんだよなぁ

という「わかった上で選択したい方」もいると思います。芸術ですのでそれはそれで正解です。いやそもそも正解なんてない世界なのですから。


最後に僕自身の体験談を少し書きますね。

僕が4本指Gを使い始めたのは、自分で作曲をしてアレンジして、4トラックのカセットMTRで打ち込み音源を作り始めた時です。キーGの曲で、アコギ、エレキ、ピアノ、シンセ、ベース、たくさんの音程楽器が鳴ってて、どうにも音がにごる。

そもそもまだまだアレンジのスキルが全然ない頃でしたので、何をどう変えれば良いのやらと試行錯誤の末に、、、生弾きのアコギのGを4本指フォームに変えたところ、音がスッキリして光が見えた気がしました。

それからいろいろ努力を重ね、4本指Gフォームを使ってスッキリした音像のアレンジを作ることができるようになり、ライブや通常ギター弾くときも場面場面で使い分けられるようになりました。

その後、アーティスト時代に、スーパープロデューサー亀田誠治さんと共同プロデュースで、何曲かレコーディングできる機会がありました。

その中の1曲、キーGの曲のアコギを僕が弾いているとき、ブースにいる僕に向かって亀田さんが言いました。

「おっ!ゆきくん、Gはソレで押さえてるんだね。イイねっ!」

それから亀田さんとメジャー3度の話をたくさんさせてもらい、僕がこれまで考えていたことが正しかったと確信することができたというわけです。

まとめ

  • Gコードは4本指フォームで押さえましょう
  • レコーディングやバンドで弾く機会がある方はなおさらです
  • 丁寧に弾いていると、音の響きの細かい違いがわかるようになります→耳も鍛えられます
  • 好き嫌いは人それぞれ。それすらも芸術です

ということで今回は以上となります。

最後はいろんな話に飛んでしまって、詳しく他にも記事にしたい内容がたくさんありました。またの機会にしたいと思います。

では、綺麗な響きのGコードを楽しんでくださいね♪

ギター教室の無料体験レッスンに行こう!

ギターレッスン ギター教室 体験レッスン

ギターの習得の1番の早道は、レッスンでプロの講師に習うことです。

今は、Youtubeやオンラインレッスンなどもありますが、実際に目の前でマンツーマンで受けるプライベートレッスンの方が圧倒的にコスパが良いです。

・初心者の方は、基礎を学ぶために最初の半年、1年

・中級者以降の方でも、自分が弾けるようになりたいプレイスタイルや難しいテクニック

これらをプロのギター講師に直接指導してもらうことで、効率よく最短で上達することができます。

シアミュージックスクールは全国に校舎がある大手の音楽教室ですので、講師のレベルも高く、お近くの教室に安心して通うことができます。

まずは、30分の無料体験レッスンに行って、実際のギターレッスンがどういうものか体験してみましょう♪